特殊清掃が消臭や汚れを一気に解決してくれる|プロにお任せ

メンズ

幅広いサービス内容

清掃用具

処理プロセスについて

遺体の処理プロセスについては、あまり知られていないので、ここではそれについて少し触れたいと思います。事件がおきたとき、まずは連絡を受けた警察が遺体の検死を実施します。その後、その遺体を担当する所轄の警察署に運んで外傷なども含め遺体を調べて死因を決定します。そうして事件性の有無を調べるのですが、その遺体が運ばれた後の部屋を処理するのが、特殊清掃作業員の仕事です。もちろん、こうした遺体のあった場所の清掃だけが仕事ではありません。遺体処理の他に、ゴミ屋敷の清掃が大きな仕事です。実際に平均的に年間約100件の特殊清掃をこなしている計算になります。このように、ゴミ屋敷の処理と遺体の処理が特殊清掃の主な仕事です。

特殊清掃の仕事内容について

特殊清掃というのは、遺体で汚れてしまった室内をクリーニングすることがもっとも多い仕事になります。ここでいうクリーニングというのは、消臭・消毒・通常の清掃を指します。もちろん、一日仕事ではありません。通常、時間をかけて行ないます。特に消臭に関しては、何週間もかけて強烈な臭いを何週間かけても抜きます。そうすることで部屋を元どおりにするのが特殊清掃という仕事です。あまり知られていない仕事しては、遺品の整理とか不要品の処分なども含まれます。全体的に、専門的な知識とノウハウは必要になりますが、そうしたものをしっかりと身に付けた上で実施することが大切です。給料としては、月給ベースでいうと30万円から50万円が相場になっています。